良い税理士を紹介してもらうために

良い税理士を紹介してもらうポイントはどこにあるのでしょうか。まず良い税理士とはどんな存在なのかを考えてみてください。税理士に対する不満のうち、最も多いものは「顧問料が高い」というものです。

こうした不満を持つ経営者のほとんどが、親戚や知り合いの紹介、場合によっては先代からのお付き合いという理由で契約を結んでいます。ほとんどの場合、料金を最初に明示していないことでしょう。

従ってこうした不満が生まれることになります。つまり契約を結ぶ前に、顧問料の見積もりを出してくれる方を紹介してもらう必要があるのです。

この際、「顧問料は月額○万円」といった大まかな記載ではなく、どんなサービスを受けられるのかも明示されている見積書をもらっておくとよいでしょう。

実は不満の第2位は「定期的に訪問してくれない」というものだからです。このため「月に一回は訪問し、経営に対するアドバイスを行う」など記載してもらったほうが望ましいといえます。

知り合いなどに紹介してもらうと、こうしたことは言いにくいかもしれません。しかし税務事務所とは、年単位の長い付き合いになります。また最近は顧問契約を見直す方が増加していますが、経営者であればそう簡単に顧問契約を変更するわけにもいきません。

従ってこうしたリクエストに対して嫌な顔をされた場合、その方と顧問契約を結ぶことは避けたほうが賢明でしょう。

紹介してもらう際、自分の年齢に近い方を紹介してもらうことも良い方法です。特に税理士に単なる申告業務だけではなく、経営のパートナーとしての役割を求めている方におすすめです。同年代であれば、話題が合いやすいはずです。経営について、込み入った話もできるかもしれません。

どんな企業でも、多かれ少なかれデリケートな部分があるものです。こうした点を率直に話しやすいという点で、経営者と同年代の税理士を紹介してもらうメリットがあります。

最後に、顧問料の多少で判断しないことをおすすめします。顧問料が多少高くても、良い税理士であれば経営のパートナーとして期待できるばかりか、節税対策で相当額の余剰金を生み出してくれます。

しかしそうでない場合も多いのです。顧問料は比較的安いが仕事は申告業務だけ、といった税理士もまだまだたくさんいます。

安いといっても年間数十万円の投資になるわけです。同じ投資をするなら、多少顧問料を増額しても利益を生み出す税理士を紹介してもらったほうが良いでしょう。